彼女に性病を感染させて法律相談が嫌ならジスロマック

性病予防法という法律があります。
これは梅毒や淋病などの性病が国民の健康な心身を侵し、その子孫にまで害を及ぼすことを防ぐために制定された法律です。
昭和23年に制定された法律ですが、いまだに性病に苦しめられる方は多いので、性行為後に何らかの異常を感じたら、早めに病院へ行って、ジスロマックなどの薬を処方してもらうようにしましょう。
性病の恐ろしいところは、性行為を行った相手に感染させてしまうことなので、知らないあいだに、大切な彼女に移っていることがあります。
性病を持っていることに気付いていない場合はまだしも、気付いていたにもかかわらず、性行為を行った場合は、傷害で訴えられる場合もあるので、怒った彼女が、弁護士のところへ法律相談に行ったというケースもあるようです。
性病というのは、治療が遅れると死に至りますし、病院代もかかりますから、あとで慰謝料や治療費などを請求されることもあるでしょうね。
そこまでこじれると、彼女との仲が戻るとは思えないので、泥沼の争いをしなければならない可能性もあります。
早めに自分が性病だということを自覚し、ジスロマックのような薬で治しておけば、そこまで大変な目には遭わないので、下半身にかゆみを感じたり、排尿痛などの異常が起きたら、急いでお医者さんに診てもらうようにしましょう。
ジスロマックはマクロライド系抗生物質なので、細菌やウイルスなどの病原菌の感染によって起こる、あらゆる感染症の症状に効果があります。
性病で病院へ行くのは恥ずかしいので、出来ることなら行きたくないという方は、個人輸入代行通販からでも手に入るので、性病に感染してしまったときは購入し、早く治すことをおすすめします。